こんにちは。

大川弘一と申します。

wikiのプロフィールはこちらを御覧ください。

大川弘一プロフィール – Wikipedia

 

1996年から創業者としてまぐまぐを運営し、今年で法人にしてから15年めになりました。

その間、子会社の日本最短上場記録の更新や、躁鬱病の元役員による必死な訴訟や、

風俗にハマったと主張する元役員の横領や、リーマン・ショックによる総額15億円の

VC総引き上げ等を経て、ここんとこやっと夏休みのような日々を過ごしています。

 

さて、

僕らが創業した当時はインターネットの商用利用が始まったばかりでしたので、

いわゆる大量生産と大量消費をサポートをする会社としてまぐまぐは売上を上げていました。

 

それがここ最近、少人数に対して有料で文章を販売する有料メルマガで十分な収益を

上げられる方々が増えてきました。

 

売上の上げ方として、前者を旧、後者を新とするならば、新旧の交代は早ければ2013年の年内

にも行われそうです。旧の方法は、電子メールを使っているとはいえ新聞やテレビと変わらない

バラマキの手法をとるものですから、少なからず望まない人にもメールが届いてしまいます。

テレビはそれを圧倒的に繰り返すことで、望まない情報さえも《あ、僕これ知ってる》と

親近感を持たせることに成功をしてきたメディアですが、2011年の震災を機に、自分の意志で

正確な情報を探そうという気分がとても高まり、意識の高い方から順番に水と情報は有料で

手に入れるようになってきています。

 

そして、有料で誰かの役に立つことがこれだけ簡単になると、創業以来15年以上に渡って

《会社》を運営してきた僕にしてみれば、お金を借りたり、単純労働の人手を確保したり、

設備投資をしたり、広告をしたり、仕入れをしたり、空調をつけたり消したり、結婚式

でスピーチさせられたり、という会社として当たり前のことが《本当にアホらしいこと》

に思えるようになりました。

 

もちろん、いまやっていることを全て投げ出したりはしませんが、多くの雇用を必要とする

ような事業はもう二度とやる気がありません。ないです。えぇ。ぜんぜんないです。

 

以前の僕らのように、なんでもやってみよう、どこまでもいってみよう、失敗なんて!成功

するまでやればいいんだ!みんないくぞー!という無神経な者たちが組織に意義を感じなく

なると、結果的にまじめなだけが取り柄の人の仕事がどんどんなくなります。

 

2012年はまさにそんな時代の入り口で、食いぶちに困って開き直った京都のポンコツ組合

からずいぶん古臭い恐喝を受けたりもしました。

 

それじゃあそんな世の中で、今まさに無駄な勉強させられてる中学生や高校生はどんな大人を

目指せばいいのか。

 

マジメな奴はバカを見るのか?金さえ稼げばいいのか?学歴は?資格は?友だちは?家族は?

 

それらに対する僕からの提案として、この1,2年間バッラバラの場所で結構な量の文章を

書いてきたので、これから書く分もまとめてここに置いとくことにしました。

 

いまのところ、

・僕のメルマガ《頻繁》と《濃厚》のうち、評判のよかったものやシリーズ物

・2000年ごろから書いているblogの少しまじめな文章

・堀江貴文、井戸実両氏のメルマガへ寄稿した文章

・井戸メルマガ内Q&Aシリーズ

・カエル

・春雨

・ハニワのトウチャン

・仔牛

・井戸バタ会議

 

などが置いてあります。

 

形式もテーマもそれぞれに異なりますが、実はかならず《根っこ》の部分でなんとなく

つながっているので、「あー」とか「なるほどねー」とか「そうきたかー」みたいな感じで

楽しんでいただければ本当に幸せです。中にはお話形式で登場人物が横断しているものも

あり、そういうのが好きな方にはたまらない作りになっていることとおもいますので、あれ

これ探してみてください。

 

それではどうぞ、ごゆっくり。

 

samelife.net